■2ちゃんで今話題のニュースがコレかよwwwwwwww     ■祭りキタwwwクソワロタwwwwww
▼動画・画像
▼ゲーム、同人誌、アニメ、フィギュア

▼SNSの老舗。ここで出会えなきゃもう出会い系やめれwww


FC東京・長谷川監督 「ちびまる子ちゃん」ケンタ誕生秘話明かす「本人から電話がかかってきた」 はてなブックマークに追加 はてなブックマーク - FC東京・長谷川監督 「ちびまる子ちゃん」ケンタ誕生秘話明かす「本人から電話がかかってきた」


1 名前:ほニーテール ★:2018/08/27(月) 15:27:33.35 ID:CAP_USER9.net

元イングランド代表FWのマイケル・オーウェン氏は、現役キャリアの最後の数年間には負傷への恐怖から「サッカーが嫌い」になり、引退する時を待ちわびていたという衝撃の告白を行った。英メディア『BTスポーツ』に語っている。

 オーウェン氏はリバプールで1997年にプロデビュー。18歳と19歳の時に2年連続のプレミアリーグ得点王に輝くという衝撃的なデビューを飾り、ワールドカップでの活躍もあって「ワンダーボーイ」として旋風を巻き起こした。

 その後もリバプールでゴールを量産し続け、2001年にはバロンドールも受賞。だがスピードを武器とする選手の宿命として、キャリアの後半は負傷にも悩まされ続けた。

「スピードがあり、スペースに走り込み、相手を抜き去る。それが私だった」とオーウェン氏。だが負傷を繰り返したことで「スペースに走り込むのを躊躇するようになった。筋肉を痛めることになると分かっていたからだ。それが自分の本能なのに『やるな』と考え始めてしまうのは最悪のことだ」と語った。

「6年間か7年間、(サッカーが)嫌いになっていた。引退するのが待ち遠しかった」と苦しい時期を振り返る。「サッカーへの愛のためにプレーできる選手は素晴らしいと思う。そういう選手はスピードを少し失っても下部リーグやレベルの落ちるチームでプレーできる。私にとっては不安でしかなかった」

 リバプールを離れて2004/05シーズンにレアル・マドリーでプレーしたあと、オーウェン氏はプレミアリーグに復帰してニューカッスル、マンチェスター・ユナイテッド、ストーク・シティでプレー。2013年に33歳で現役を引退した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00286931-footballc-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535351253
続きを読む
関連記事

▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!



▼フリメで無料登録OK!お試しポイント大量!



▼楽天ポイントが使える安心サイトです。




ニュース速報まとめ | 【2018-08-30(Thu) 00:56:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © パネェ速報ニュースまとめアンテナ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    >